スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉幕

ロールプレイの続き。


よくどこかで見かけるフレーズかもしれませんが、

「人は誰も「人生」という舞台で役者を演じている」
っていうやつ。まさにその通りなのかなと思います。


例えばの話。


男性がいて、女性がいる。それだけでとりあえず演じる役者はいます。
その男性の中でも子孫を残せる人、残せない人に別れ、女性も同じように。

また別のところでは、リーダーとなる人、ならない人。
全てにおいて二極化が存在し、言い換えればその人にとってはそれが演じるべき項目となるわけです。


私で言えば年齢=恋人がいない暦ですが、それが元々演じる項目だったというだけの話であり、
別の人から言えば、数年で恋人をとっかえひっかえするのがそれもまた演じるべき項目であるという話。


そんなこともあり、最近の私はそういう考えに染まり気味です。
手のひらで踊らされているとはよく言ったものです。


めいぽで言えば、高レベル者と低レベル者とか。
色んな二極が存在します。その中で自分の置かれている立場などから演じることが出来るものをやればいいだけ。

自分の技量が追いつかない項目を演じようとすると失敗するのと同じように、身の丈にあわないことはするべきではない、ということになります。
もちろんずっと続けていればいずれはなんとかなるかもしれませんが…。それはまた自分の志との相談ですね。



自分の演じる項目を理解すると、余計なことが起きなくて済むかもしれませんね。



私もきらい

人間味のある無愛想なおじさまは好きですけどね。いいキャラしてる。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中の人

みすず@ゆずか

Author:みすず@ゆずか

何書いたっけ?
ありがたいお言葉
月別に書いたもの
すくなっ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。